2012年03月19日

六本木徘徊

今日は麻布十番に出向いた帰り散歩がてら
六本木まで歩いてみました。

芋洗い坂はここ数年ですっかり景色が
変わった感じですね。
古いビルは壊され飲食店の数も激変。
それでもまだ知っているお店の看板があり
営業しているのであれば快挙です。

古巣の当店店舗もいまだに買い手がつかず
看板もそのままのようです。

時代と共に様子が変わることは当然といえば
当然ですが、この場所に30年も携わった
人間としてはひとつの夢が終わった感じです。

今後も都市計画により大胆な変化が予想される
六本木ですが今も当地で頑張っている仲間の
お店には心からエールを送りたいと思います。

この夏でリセットして3年ですがより一層
前進できるよう頑張りたいと思います。

6月には六本木でライブの予定があります。
やはり縁は切れない街です・・・
posted by rehearsal at 16:51| Comment(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする